大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンの飲み方ナビ

大豆イソフラボンは健康や美容に優れた働きを発揮してくれますが、ただ漫然と摂取するのではなく、【正しい飲み方】を心がけることで実感値が高まりやすいという特徴があります。

そこで、このページでは、飲み方について徹底特集しました。
満足のいく結果を出す為に、絶対に知っておきたいポイントをまとめています。

生活習慣が大切

大豆イソフラボンは、優れた健康効果を持っている成分です。
そのパワーをしっかり引き出す為にも、普段から生活習慣の改善を心がける様にしましょう。

生活リズムが乱れている状態で、サプリメントを摂取しても、100%のパワーを感じることが出来ません。
食事・睡眠・運動のバランスをしっかり整えるように意識してみてください。
その上でサプリメントを摂取すると、実感度はグッと高まります。

食事が特に重要!

食事のバランスは特に重要なポイントです。
バランスよく栄養素を摂取できるように心がけましょう。

脂分や糖分の摂りすぎには要注意!
野菜を中心にバランスのとれた献立を考えることが出来れば理想的です。

また、ダイエットに取り組んでいる場合も注意が必要です。
40代以降になると、無理な食事制限は健康に多大な悪影響を及ぼす恐れもあります。
無理のない範囲で継続的にダイエットに取り組むことが、40代以降のダイエットの鉄則です!

続けることを意識しよう!

大豆イソフラボンは、継続的に摂取することで実感度が高まるもの。
医薬品ではなく、あくまでも健康食品であることを忘れないようにしましょう。
一日や二日で効果が発揮されるものではないのです。

大体の目安として、三ヶ月程度続けることができれば、しっかりと実感度が高まってくると考えられています。
しかし、もちろんこれには個人差があります。
上記したとおり、生活習慣が乱れたまま摂取を続けていても、なかなか満足のいく結果は出ません。

○生活習慣を整えること
○飲み忘れをせず、長期的に飲み続けること

この二つが非常に重要なポイントになります。

沢山飲むのはNG

「早く実感したい!」という方の中には、一気に大量摂取してしまう方もいらっしゃいます。
しかし、大豆イソフラボンは、沢山飲めば早く効くというものではありません。
【適量をじっくり続けること】が、大切です。

1・2粒程度であれば摂取量を調節するのことが出来る製品もありますが、基本的にはパッケージなどに記載されている摂取目安量に従って使用するようにしましょう。

飲む時間帯

飲むタイミングはいつでもOK!
大豆に含まれる自然な成分ですから、食事と同じ様に、いつ摂っても問題ありません。

しかし、一つの目安として、食事と一緒のタイミングで摂取するのがベスト…と考えられています。
食べ物と一緒の方が、腸で自然な形で吸収されやすいのです。
吸収率を考慮するなら、食事と一緒に摂るように心がけましょう。

とは言え、必ずしも食事と一緒に摂る必要はありません。
吸収率よりも「続けること」の方が大切です。

習慣にしよう!

サプリメントを飲む時間帯は、いつでもOK。
ライフスタイルに合わせて都合の良い時間帯に飲むのがベスト!

しかし、毎日飲む時間帯がズレる…
というのは、飲み忘れの原因になってしまうので注意しましょう。

理想的なのは、毎日決まった時間に摂取すること。
そうすることで、サプリメントを飲むことが習慣になります。
習慣にすれば、飲み忘れも減りますよね。

ぜひ、意識してみてください。

トップに戻る