大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

癌に効果ありと言われているイソフラボンが乳癌を誘発

大豆にはイソフラボン成分が含まれていますが、このイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンととても良く似た働きをしてくれる事で有名です。
一般的に女性の体は若い内からエストロゲンが分泌されており、中高年になるほどにエストロゲンの分泌が減ってきます。
分泌が減少しやがて分泌されなくなりますが、更年期障害と呼ばれる女性特有の症状(男性でも少数の方が更年期障害を持ちます)はこのエストロゲンの分泌が減少する事で起ると言われています。

エストロゲンが減少し始める頃には、普段の生活でも体調のだるさ等の症状が出ますが、イソフラボンを摂取する事で軽減される事が確認されています。
イソフラボンを摂取している女性癌患者の中には、退院後の予後に良い傾向が見られるそうです。
癌の発生リスクを抑えてくれたり、予後を良くしたりと癌の症例を見ても良い事だらけに感じますが、癌に効果があると言われるイソフラボンが乳癌を誘発しているとの意見もあります。

しかし証拠が無いのです。
癌を抑制してくれる証拠もまだありませんし、癌を誘発すると言う証拠もまだありません。
イソフラボンに限らず、体に良いとされる成分でも過剰摂取する事で毒に変わる事は良くある事ですので、意識しすぎて過剰摂取http://www.stonesdoug.com/03.htmlにならない様注意します。

トップに戻る