大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボン化粧水とヒアルロン酸化粧水の効果の違い

水溶性物質は通さない事で有名な角質ですが、イソフラボンの化粧水やヒアルロン酸の化粧水を使用しても効果はないのでしょうか?
最近のイソフラボン人気とヒアルロン酸の注目により、ちらほらとこのような質問を見かけます。
イソフラボンは大豆に多く含まれる成分で、メニューを考えた普段の食事で取り入れる事が出来ます。

体内に取り入れているイソフラボンを化粧水に使用しても効果は無く、化粧水用に特殊開発されたイソフラボンを使用する事で肌へ良いとされています。
化粧水が肌へ浸透するよう考えられているのです。
イソフラボンの化粧水の効果は、乾燥肌・保湿力・活性酸素を抑える・肌荒れ・シワ・シミ・美白等の肌を綺麗に保つ効果があります。

ヒアルロン酸の化粧水は、乾燥肌・保湿力・角質の潤い・肌サイクル正常化等の効果があります。
どちらの化粧水も効果的には似たような働きをしているのが分かります。
では、イソフラボン化粧水とヒアルロン酸化粧水の効果の違いは何処にあるのでしょうか。

イソフラボンもヒアルロン酸もどちらも肌へ浸透する様特殊開発された物を使用しています。
そこまでハッキリした答えは無いものの、共通して言えるのは「イソフラボン化粧水=肌そのものの調子を良くする」、「ヒアルロン酸化粧水=とにかく保湿」となっているようです。
自分の肌質と相談の上、肌そのものを再生し直したいのか、とにかくカサつくのをどうにかしたいのかで見てみると良いでしょう。

トップに戻る