大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンと一緒に摂取してはいけない栄養素や薬

イソフラボンと亜鉛、イソフラボンとカプサイシン、イソフラボンとゴマ等、実に食べ合わせや同時摂取による相乗効果に優れたイソフラボンですが、逆にイソフラボンと一緒に摂取してはいけない栄養素や薬にはどのような物があるのでしょうか。
まず薬一緒に摂取しては駄目な薬についてですが、イソフラボンは女性ホルモンとにた働きをする事から、経口避妊薬の効果を阻害してしまうと言われています。
その他の薬に関しても女性ホルモン(エストロゲン)と似た作用をする薬も副作用等の心配があります。

レッドクローバーやプエラリア(ミリフィカ)等、女性ホルモンと似た働きをするので医師に相談するのが望ましいです。
一緒に摂取してはいけない栄養素についてですが、基本的にイソフラボンは「健康補助食品」ですので、特にこれといった栄養素の悪い組み合わせはありません。
補助食品と言うのは簡単に言えば「補う事」ですから、足りない栄養素として体内にイソフラボンを摂取出来るものなのです。

一緒に摂取してはいけない栄養素は気にするだけでストレスに繋がりかねませんのであまり気にせず摂取しましょう。
どうしても気になるようでしたら薬同様に医療機関で相談される事をオススメします。

一緒に摂取してはいけない栄養素について考えるよりも、一日の摂取量の方を気にしていただきたいです。
その理由は、イソフラボンの過剰摂取は副作用が起こる危険性があるからです。
期待できる効果の中で更年期障害http://www.aardvarq.net/iso003.htmlや不妊・生理不順などは女性ホルモンの減少またはホルモンバランスの乱れが原因です。
なので、女性ホルモンのバランスを整えるためにイソフラボンを摂っていたはずなのに、過剰摂取のせいでホルモンバランスがさらに乱れるなど逆効果になってしまったなんてことになりかねません。
薬とは違い即効性は期待できませんが、摂り続けることで嬉しい効果が期待できるはずです。
早く効果を実感したいからとたくさん摂取する行為はやめましょう。
また、最近話題のアラキドン酸サプリメントについての記事
も参考にご覧ください。

トップに戻る