大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

自律神経のバランスを取る為にイソフラボンを摂取

最近では自律神経失調症と言う言葉も理解する方が多くなりましたが、その中でもさらに詳しく知っている方は、実際に自律神経に変調をきたして治療していたりする方ではないでしょうか。
自律神経失調症には2つのタイプが存在します。
「自律神経」・・・自分では制御不能な神経で汗腺や血管といった感じの部位です。

「体性神経」・・・自分で制御可能な神経で体で感じる事の出来る感覚、寒い・眠い等の神経です。
自律神経失調症も自律神経の乱れによって起こる症状です。
大豆に含まれるイソフラボンは、自律神経の崩れを安定化させてくれる効果も期待出来ます。

自律神経は年齢と共に崩れる事が多いですが、原因はホルモンバランスが崩れる事にあります。
女性ホルモンであるエストロゲンは、若い内から分泌されていますが、年齢を重ねる毎に分泌が減少します。
中高年(30~40代)にもなれば下降するのみで、不足しているエストロゲンを補わなければ体が不調を訴えるようになるのです。

そこで不足して行くエストロゲンを補う為に、大豆に含まれるイソフラボンが安全性の面から見ても丁度良いのです。
イソフラボンを摂取する事で、美肌効果も期待出来ますが1番肝心なのは高血圧や骨粗鬆症、動脈硬化http://www.tourofcalifornia-solvang.com/annzennkijyunn.htmlと言った大きな病気を引き起こさない為の管理なのです。
中高年になるほど食も細くなりますから、大豆を含むバランスの良い食事を考えます。
イソフラボンを摂取するのにおすすめの食材はこちらにかいてある通りです。

トップに戻る