大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンの効果を高める摂取方法

イソフラボンの効果を高める摂取方法にはいつくかのポイントがあります。
イソフラボンは大豆に多く含まれていますが、イソフラボンをより効果的に摂取する為に調理法や相乗効果がある事をご存知でしたでしょうか?
イソフラボンの効果を高める方法の1つは「調理方法」です。

イソフラボンをそのまま摂取するととても吸収率が悪いとされています。
摂取率を高める為には、大豆を一旦加熱・加工する事です。
高温で煮込まれ搾り取られた後の「おから」はとても栄養成分が豊富なのです。

普段の食生活では手軽さから豆腐を選ぶ方が多いですが、おからの方が栄養価が高いのです。
大豆アレルギーでは無いのにどうしても大豆の味が苦手な方は、食事よりもおやつとして摂取するのが良いでしょう。
おからクッキーや豆乳クッキーといった感じで味が苦手な方でも摂り入れ易いです。

他にも同時に摂取する成分と言うものがあり、中でも「イソフラボン=カプサイシン」や「イソフラボン=ゴマ」といった相乗効果を期待出来る食べ方があります。
組み合わせ的にレシピに悩む方でも、イソフラボンとカプサイシンならキムチ鍋、イソフラボンとゴマなら白合え等他にもレシピはありますし、インターネットを使用すればお金がかからずにレシピを見る事が出来ます。
イソフラボンのサプリメントを服用する方も最近増えています。
サプリメントで摂取する際には、過剰摂取にならないよう服用量を守ります。
効果を高める摂取方法として、就寝前(寝ている間の肌細胞を有効に使う)や朝食前(体が起きて1番に吸収を始める)に摂るとより効果を高める事が出来ます。

効果的な摂取方法や正しい摂取量を守り毎日摂り続けることで男性にも女性にも嬉しい効果がたくさん期待できるようになります。

☆女性に嬉しい効果

更年期障害の予防・緩和・改善http://www.prosodicol.net/tokuyu.html
乳がん対策http://www.purebreeze.jp/nyuugann.html
肌のシワ・シミ対策http://www.shin-urayasu.jp/wakagaeri.html
アンチエイジングhttp://www.southersalazar.net/jos.html
バストアップhttp://www.texasaptfinder.com/daizu0004.html
ムダ毛抑制http://www.synchroboards.com/hair.html

☆男性に嬉しい効果

薄毛の対策・緩和http://www.rosedonbermuda.com/exception.html
男性の更年期障害http://www.tofu-recipe.com/growth.html


代表的な効果をいくつかあげましたが、この他にも様々な効果があります。
女性の更年期障害に良いという話は有名ですが、男性の更年期障害にも良いんです。
あまり知られていない男性への効果もわかったことですし、男性のみなさんも是非イソフラボンを摂っていきましょう。

トップに戻る