大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

妊娠・授乳中にイソフラボンを摂取した時の影響

イソフラボンは女性ホルモンの成分と同じような働きをする事で注目され、現在でも化粧水やローション、サプリメントといった数々の商品で知ってる方も多いです。
体に良いとされるイソフラボンですが、元々は体内で不足しがちなイソフラボンを摂取する事で、体に与える害について不安の声も囁かれます。多くの方が不安に思うのは「妊娠中・妊娠前後」です。
イソフラボンは大豆食品や大豆を食べると摂取できてしまう成分なので、普段口にしている豆腐や納豆等の食品は、好きな方でしたら毎食食べてしまうといった事があります。

しかしそれで何らかの不調が起きたと言う話しは耳にしません。
一日の摂取量が定められている成分ですので、過剰に摂取すると心配になってしまいますが、普段の食生活で摂取量を越えるのはサプリメント等を併用していなければ難しいのです。
妊娠・授乳中にイソフラボンの摂取について不安の声もありますが、今の所科学的に解明されている訳ではありませんので、意識しすぎて摂りすぎる事が無ければ大丈夫です。

一番は摂り過ぎない事です。
安全性の高い食品ですが、摂りすぎてしまった場合には悪影響の可能性もゼロでは無い様です。
妊娠中に摂りすぎてしまった場合には、生まれてくる子供の形成に問題が出る場合があります。
授乳中のイソフラボン過剰摂取は、母乳として赤ちゃんの口に入るまでに母体の中で何倍にも薄まります。
過剰摂取さえしなければ妊娠中・前後・授乳中に関わらず、悪影響を及ぼす確率は少ないと言えます。

トップに戻る