大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンを摂取できる子供が喜ぶおやつ

イソフラボンは大豆に多く含まれる成分ですが、子供にイソフラボンを摂取させる為にどうやって摂取させようかと悩む親御さんは少なくありません。
イソフラボンは大豆に含まれている成分なので、手っ取り早い方法としては毎回の食事に大豆食品(豆腐・納豆・煮豆等)をバランス良く摂り入れる事ですが、普段外食が多かったり手の込んだ物が作れないといった場合「おやつ」として、子供だけでも摂取させる事が可能なのです。
最近では大豆を使用したおやつのレシピをインターネット上でも検索する事が出来ます。

その他にも、イソフラボンが豊富に含まれるおやつを購入する事が可能でとても便利です。
子供が喜ぶイソフラボン配合のおやつには色々な物があります。

○おからクッキー…とにかく低カロリーで、ダイエット中のおやつや食事代わりに代用される事も多いです。
豆腐製造工程では豆腐に使用する液体よりも、搾りかすであるおからの方がイソフラボンが豊富だと言われています。
子供でも喜んで食べられるように味に工夫(チョコチップ・メープル・ナッツ等)されているのも良いポイントです。

○ソイカラ…コンビニ等でも簡単に見つける事が出来るおかしです。
大塚製薬が販売する安心の日本製食品です。
見た目から普通のおやつに勘違いしてしまいますが、ソイカラに含まれる栄養成分には、イソフラボンの他にもタンパク質、環状オリゴ糖、ナトリウム等が入っており、おやつなのに体に良い食べ物になっています。

○ちょっと変り種大豆…京都の老舗店から販売されている黒豆チョコ玉で黒豆を使用したおやつです。
イソフラボンが豊富な黒豆の周りをチョコでコーディングしてあり見た目も可愛いです。
自宅で手作りおやつも可能な食材ですし、時間が無い場合には購入すると簡単に入手できるイソフラボンが含まれるおやつは、同じ商品を食べ続けると飽きてしまい、子供が嫌がってしまう可能性があるのでレパトリーを増やすと良いです。

トップに戻る