大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボン摂取で生理が遅れる?

イソフラボンを摂取する事で生理が遅れるのでしょうか?
イソフラボンは基本的に、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きを体内でしてくれるとても頼れる成分です。
しかしそれは基準量を守って正しく摂取している場合に限ります。

個々の体質によっては、大豆でのイソフラボン摂取でアレルギーが出る場合があります。
その際にはイソフラボンの摂取を控えると殆どの症状が緩和していますので安心して下さい。
女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンですが、イソフラボンを意識して摂取するようになると女性ホルモン同様、排卵を促したり赤ちゃんを授かる為に必要な子宮や卵巣の調子を整えてくれたりします。

閉経後には更年期障害が起こりやすくなると言われていますが、これは閉経によって生理が止まり、体内のホルモンバランスが崩れる事で起こる事もあるのです。
イソフラボンを摂取する事で生理が遅れる方は、元々の生理が規則正しく来ていた方が多いです。
元々不規則な生理周期だった場合でも、イソフラボンを摂取する事で規則正しい周期になる方も多く居ます。

規則正しく生理が来ていたのに、イソフラボンの摂取で生理が遅れるようなった方は、まず初めにイソフラボンの摂取量をチェックしてみましょう。
イソフラボンはサプリメントを使用して摂取するとサプリメントに含まれる成分がそのまま体内に入ります。
イソフラボンの摂取に躍起になっている場合、過剰摂取をしている事もあるのでチェックしてみましょう。
通常の食事で大豆を進んで食しているのに、サプリメントを併用していると言う方は見直しが必要です。
数ヶ月来なかった整理が、豆乳を飲むようになってから正しく来るようになったと言う話はそう珍しくはないのです。

トップに戻る