大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンを多く含む食品

イソフラボンを多く含む食品で効率良く摂取したいと願う方はとても多いですが、一体どの食品にイソフラボンが多く含まれているのでしょうか。
一般的に良く食べられている食品の数値を見てみましょう。

○イソフラボンを多く含む一般的食品
豆腐(300~400gで70mg前後)、納豆(1パック32mg前後)、豆乳(200ml50mg前後)、味噌(大さじ1で9mg前後)、煮豆(大豆100gにたいして70mg前後)です。
最近は一般の方が投稿するタイプのレシピサイトが沢山あるので、煮豆1つ大豆1つとっても様々な料理を作る事が出来ます。

食事ではどうしても摂取が難しい方は、イソフラボンのサプリメントが市販されていますので容量を守って利用してみる手もあります。
イソフラボンを多く含む食品は作れば簡単な物が多く、中でも好きな時に手軽に飲める豆乳はイソフラボンの摂取には適しています。
体に良い食品ばかりですが、全ての大豆食品を摂り入れるとイソフラボンの過剰摂取になってしまいます。

目安としての数値が記載される成分表などはインターネット上でも簡単に探す事が出来るので参考にして下さい。
過剰摂取をすると体に良いとされる食品が毒へと変わる事もあるのを理解しておきましょう。

トップに戻る