大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

薄毛予防に男性もイソフラボンを摂取

イソフラボンはエストロゲン(女性ホルモン)と似た働きをする事で知られており、イソフラボンを摂取する女性が多くなっています。
その事から「イソフラボン=女性」と勘違いする方も少なくはありません。
男女に関わらず体内にはホルモンがあります。

女性ホルモンと男性ホルモンです。
男女のホルモンには違った効果を持っていますので、男性の体に女性ホルモンを取り入れる事でちょっとした変化を期待する事が出来ます。
最近では、男性に女性ホルモンを摂取させる事で薄毛予防や男性だけにかかってしまうような病気を抑制したりも出来るのです。

男性の場合、程よくイソフラボンを摂取するのには問題無いのですが、過剰に摂取してしまうと男性の良い部分、筋肉や夜の生活に支障が出てしまうといった事になり兼ねません。
薄毛予防の為にイソフラボンを摂取する場合には、食生活や生活習慣の見直しも必要になります。
食事ではイソフラボンを含む大豆や大豆食品を食べるようにし、寝不足解消やストレス解消も考えましょう。

1日摂取量は40~50mgなので範囲内に留めます。
大豆=ゴマ、大豆=カプサイシン、といった組み合わせで摂取する事で、お互いの良い成分を効率良く摂取する事が出来ます。
薄毛が気になる方は、普段の食事を見直す事でもちょっとした効果を期待する事が出来ますし、一番取り組みやすい事でもあるので是非お試しください。

トップに戻る