大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンの栄養素と相性の良い食材

イソフラボンは大豆や大豆製品にとても多く含まれています。
イソフラボンには栄養素がとても豊富なのは皆さんご存知でしょうか?
女性の体の構造上どうしても不足する鉄分や、偏った食生活で不足する食物繊維を摂取するのにも優れています。

その他に抗酸化作用もあり、イソフラボンを摂取する事で体内の活性酸素を取り除く効果も期待できるのです。
体内バランスは食生活や睡眠不足、その他喫煙やアルコール等でも崩れやすいので、イソフラボンを摂取しているからと不規則な生活をしていては効果を実感する事が出来ませんので、健康の為にイソフラボンの摂取を考えている方は生活改善も必要になります。
イソフラボンの栄養素をさらに有効にする為に、相性の良い食材を考える事も重要になります。

イソフラボンはサプリメントでも摂取する事が出来ます。
心配される副作用に関しては大きな報告は確認されていませんが、妊娠している方や小さなお子様は使用する際に注意が必要です。
ホルモンバランスの安定化を促す効果を期待出来るイソフラボンですので、妊娠中のホルモンバランスの崩れ等により、副作用が出る場合もあります。

大豆でイソフラボンを摂取する場合に相性が良いとされているのが「ゴマ」です。
女性ホルモンと同じような働きを期待出来るイソフラボンに、ゴマに含まれる成分マグネシウムを同時に摂取する事で、中高年に多くなる骨粗鬆症や精神バランスの安定等に期待が持てます。

トップに戻る