大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンに含まれる栄養素

大豆に含まれるイソフラボンは特に女性に有効であると言われています。
有効である理由は、イソフラボン成分が女性ホルモンのエストロゲンととても似た働きを与えてくれるからです。
大豆イソフラボンはどのような食品に多く含まれるのかを理解しておきましょう。

○大豆イソフラボンが多く含まれる食品
・豆乳、調整豆乳等の大豆飲料
・きな粉
・みそ
・豆腐
・煮豆等の豆料理
その他にも大豆を使用した料理http://www.honten.jp/column/edamame.htmlにもある程度イソフラボンが含まれますが、進んで摂取したい場合には大豆食品の中でもイソフラボン含有量の多い食品を心がけて選びましょう。

○大豆イソフラボンに含まれる栄養素の良い所
・女性特有の更年期障害の悩み(のぼせ・ほてり等)緩和する。http://ichibangai.jp/kou.html
・体にとって害のあるコレステロールの発生を抑える事で動脈硬化予防になる。
・ホルモンバランスの崩れによる自律神経バランスを整える。
・卵子を育てたり、受精卵の助けをしてくれる事から妊娠しやすくなる。
・新陳代謝の活性化により、髪のハリ・ツヤ、肌のハリ・ツヤが良くなる。

イソフラボンに含まれる栄養素は女性にとって無くてはならない栄養素ばかりなのがお分かり頂けます。
もちろん、男性にも嬉しい効果があります。
そちらについてはhttp://www.ik-rental.jp/dan.htmlにて詳しく紹介されていますのでご覧ください。
イソフラボンの1日摂取量は40~50mgとされています。
多く摂れば摂る程効果を期待出来るのでは?と思われる方が多いですが、多く摂取しても許容量を超えた分は体外に捨てられてしまいますので、過剰摂取はオススメしません。
過剰摂取を続けてしまうとせっかくの体に良い成分が体に悪いはたらきをしてしまう可能性が出てきます。
このイソフラボンの過剰摂取による副作用を起こさないためにも、摂取量目安を守りましょう。

トップに戻る