大豆イソフラボン使いこなしガイド
メインイメージ

イソフラボンを効果的に摂取する調理法

イソフラボンは女性の体に良く、エストロゲン(女性ホルモン)と同じ働きをする事で知られています。
イソフラボンは大豆に多く含まれる成分ですが、大豆を適当に摂取していると過剰摂取になってしまったり、効果的に摂取出来なくなってしまう事もあります。
自分で料理をして摂取する場合には、イソフラボン成分がどの程度入っているのか分からないのが難点です。

イソフラボンを効果的に摂取する方法の1つに調理法があります。
乾燥大豆等、熱加工されていない食品も販売されていますが、大豆イソフラボンはそのままだと体に吸収しにくいのです。
大豆を煮たり漬けたりするのは栄養分が失われるのでは?と心配の声もありますが、イソフラボンの成分が水に流れてしまう心配は必要ありません。

まったく流れ出ない訳ではなく、数パーセント失われる事がありますがその後の調理法次第では気にする程度では無いのです。
大豆イソフラボンを効果的に摂取するには「大豆を加熱・加工」調理する事を意識します。
生のままの大豆を食するよりも、大豆が軟らかくなるほど煮込み調理すると体へのイソフラボン吸収率が上がります。
効果的にイソフラボンを摂取する為には、熱調理・加工調理がポイントになります。
煮込みが簡単に出来るので一度チャレンジしてみては如何でしょうか。
イソフラボンはサプリメントからも簡単に摂れるので、時間がなく自炊がなかなかできていない人はサプリメントで補ってはいかがですか?
他の健康食品に比べて低価格で手に入るのも魅力です。

トップに戻る